VMware Fusion 5 で JIS キーボードの問題が改善された様です!

こんばんは。仮想化大好き @masa711115 です。

今回は先日発売された VMware Fusion 5 について書いてみたいと思います。


1. VMware Fusion 5 がやってきた!

待ちに待った VMware Fusion 5 がやってきました。 もう入手された方や購入を検討されている方もいらっしゃいますね。 1-QLICK » VMWare Fusion 4から5に無償アップグレードしました

[Mac]VMware、Mac用仮想ソフト「VMWare Fusion 5」を発売! | Macと過ごす日々ver.WP

私自身はというと以下の様な経緯のため今はまだ見送り中です。 VMware Fusion 4 で使えなくは無いけど使う気にならなくなるような不具合を報告し、対策しますと言われてからほぼ一年、やっとのことで対策されたかもしれないバージョンが発売されました。 ※VMware のサポートとやり取りして、実際に Team Viewer によるリモート操作で現象を確認してもらいました。この不具合は 「JIS キーボードの”_”, “¥” キーが効かない」という不具合で、キーボード設定アシスタントによる手動設定でも改善できません。

2. なにはなくともインストール

まずは VMware Fusion 5 (ここでは体験版)をインストールしましょう。 ※難しくないので説明は割愛します。

3. Mountain Lion をインストール

twitter 上でキーボードの話をしたところ、@tato3104 さんが試されていたので記事を拝見しました。結果的にはデフォルトの状態では NG だったようです。 [Mac]VMware Fusion 5の体験版を入れて試しにMountain Lionをインストールしてみた! | Macと過ごす日々ver.WP

4. キーボードの設定を変更する

Windows ゲストの場合については未確認です!

vmx ファイルを編集し、起動時にキーボード設定アシスタントを起動させます

以下の三行を追加してください。 keyboard.vusb.enable = "TRUE" keyboard.vusb.idVendor = "0x0000" keyboard.vusb.idProduct = "0x0000"

仮想マシンを起動し、ログインするとキーボード設定アシスタントが表示されます

以下のスクリーンショットの手順に応じて JIS キーボードを設定してください。 設定後に再起動すると JIS キーボードとして設定されています。 そして、このおまじないを使うと「システム環境設定」-「キーボード」にキーボード設定アシスタントを起動するボタンが!

5. 最後に

この手順で JIS キーボードとして認識し、”_”, “¥” などのキーも正常に使用可能となります。

しかし、私の環境では以下の状況が発生しています。 ・かなキーは使用可能であるものの英数キーは反応しない。(command + space で代用可能) ・caps lock の状態がおかしくなる。(起動直後は正しいものの何かのタイミングで逆転する)

まぁ、いま残っている問題は面倒ではあるものの”使えない”とまではいかないので、気長に改善されるのを待ってもいいかもしれませんね。

VMware Fusion 5 で JIS キーボードの問題が改善された様です!” への2件のコメント

  1. はじめまして♪
    こちらの『VMware Fusion 5 で JIS キーボードの問題が改善された様です!』の記事を拝見させていただきました。
    突然で失礼いたしますが、お聞きしたいことがございました。
    私はMacBook Pro 17inch (Late2011)を使用し、VMWear5をインストールし、ゲストOSで Mountain Lionを使用しています。
    こちらで紹介いただいた方法でvmx ファイルを編集してみましたが、全く変化がありません。
    MacBookでは無理なのでしょうか?

    是非ご教授いただければ幸いです。
    宜しくお願いいたします。

    • kenchiann 様

      コメントありがとうございます。

      vmx の編集後にキーボードアシスタントでの設定は行われましたか?
      あと、仮想マシンのバージョンも関係があるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>