Apple Remote が見つからないときの回避方法

Apple Remote を子供がどこかに持っていってしまったまま見つからない @masa711115 です。

先日から Apple Remote が見つからず AppleTV がただの「黒い箱」化してしまっていますが、家の中にあることは間違いないのでなかなか購入に踏み切れません。スリープ状態でなければ iOS デバイスから Remote.app で操作できるのですが、 Remote.app ではスリープを解除することが出来ません(>_<)
Remote 2.4(無料)App
カテゴリ: エンターテインメント, ミュージック
販売元: Apple – iTunes K.K.(サイズ: 20.2 MB)
全てのバージョンの評価: (4,725件の評価)
+ iPhone/iPadの両方に対応

色々試した結果、次の手順で AppleTV のスリープを解除することが出来ました。
※事前に Remote.app を iOS デバイスにインストールしてください。

iOS デバイスから AirPlay を AppleTV で行う

iOS デバイスから AirPlay を行うことにより、AppleTV のスリープが解除されます。
※この例ではミュージック.app を使用

ミュージック.app を使用して音楽を再生します。
しばらく待つと AirPlay のアイコンが表示されるので、それをタップします。

AppleTV をタップします。

ダイアログが閉じて、AppleTV の前面のインジケータが点灯すれば成功です。

終わりに

自宅のリビングのどこかにあると思われる Apple Remote を見つからないからといってすぐに買ってしまうのは持ったいない気がします。殆どの場合は購入後すぐに見つかりますよね。

ずっとこの方法を使うのは面倒ですが、一時的にしのぐことはできると思います。
試してみてください!

[2012.11.14 追記]
残念ながらスリープ解除ができないこともあるみたいです。
その時は電源ケーブルを抜くしかないですね。(^^;;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>